他の人に稼いでもらう。


2011/03/11  0  ファンド   | By:

FXも、きちんと稼ごうと思ったら、「職業として」自覚を持たないとダメなんだと考えています。

少なくとも、裁量でやろうと考えているなら、遊びやお試し、ではケガをすることになるのかと。

そうは言っても、私の目標は、時間投資のポートフォリオを組み直すことなので、裁量取引は、いずれ減らしていきたいと考えています。

誰かに(何かに)運用を代わってもらうための三つの手段

ただ現時点で、FXは私の収入の結構大きな柱。ただ単に減らすというわけにはいかない。そこで、誰かに(何かに)運用を代わりってやってもらおう、と考えるのは自然な流れ。

そこで目をつけたのが、

・EAによる自動取引
・FXファンド
・マネージド・アカウント

の三つでした。

EAによる自動取引

ここでは、EAをターゲットから外しています。
一番の理由は、凝り性の私は、EAを作ったり評価することそのものに、楽しみを見出してしまいそうだから。
本来の目的から離れてしまう、という愚を犯しそうなので、避けて通ることにします。

FXファンド

以前はいっぱいあったようですが、最近はあまり話を聞かないですね。
ほとんど、マネージド・アカウントに移行しちゃったんでしょうか。

私個人は、某FXファンドに資金の一部を預けています。
成績は年40%を越えますが、カストディなどあるはずもなく、資金はドンブリ一括運用だし・・・とても皆さんにお話できるレベルじゃないので、ここでの紹介は差し控えときます。

マネージド・アカウント


きちんとしたファンドなら、資金はカストディ銀行に預けられ、運用会社自体は、資金には一銭たりとも手をつけられない、と言う構造になっています。

FXのマネージド・アカウントは、その構造をFXに持ち込んだ物、と言えばよいでしょうか。
運用に使う資金は、自分自身の口座であり、その運用のための売り買いを、運用会社に委託するものです。
運用会社が資金持ち逃げしたり、できなくなっています(上図を参照)。

ZuluTradeや、fx-onのシステムトレード用シグナルなんかも、マネージド・アカウントの一種と言えるでしょうね。

FXのマネージド・アカウントを、幾つか試してみる

ということで、FXのマネージド・アカウントについては、いくつか試し始めています。
続けて色々書いていく予定です。

ダウンロード販売と人と人をつなぐコミュニティ・コマースのインフォカート




You might like:

Leave a comment:

コメントを投稿!





© 2022 financial-free.biz. All rights reserved. HTML5 / CSS Valid.
Proudly designed by think-factory.